AX 出産は病院の都合で決まる? | ハーレム通信




◆◇◆ご訪問ありがとうございます。残念ながらこちらのブログは更新しておりません。
続きはニューヨーク、住んでみればこんなとこで、お楽しみ下さい。◆◇◆







CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
Map
海外*育児blogリング
海 外*育児blogリング
Back  Next
List
google
Amazon
MOBILE
qrcode
<< Loveless Children | main | マジック・ジョンソン・シアターってところ。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
出産は病院の都合で決まる?
いよいよ出産予定日が近づいてきた。
初めての出産だから、わからないことばかり。
うへー、いったいどうしたらいいんだろう。

ということで、先に出産した友だちの話を訊いたり本を読んだりしてみたり。
海外で安心して赤ちゃんを産む本
海外で安心して赤ちゃんを産む本
ノーラ コーリ, Nora Kohri

↑こちらの本は、まさに海外で出産する人のためのもので、アメリカを始め、シンガポール、イギリス、タイ、オーストラリアなどといった諸国事情がわかりやすく、それぞれ筆者および体験者の話がベースになって書かれている。

と言ってもね、先日最近子どもを授かった男性のお客さんに言われたんだけれど「100人いたら100通りの出産だよ。本読むよりもリラックスが必要だよ」と。

う〜む、確かに。

でも、やっぱり読まずにはいられない(笑)。

先日二人の子持ちの友だちと話しをしていたら、恐ろしいことを言われた。

彼女は日本人同士の結婚で、妊娠していたときは、本当に「小さい(でも日本だったら標準と思われる)お腹」をしていた。

出産予定日の二週間ほど前の検診にいつものように言ったら「お腹の赤ちゃんが小さくって危ないから、これから出産しましょう。今日ならドクターもちゃんと揃っているし」と言われて、そのまま出産となったそうだ。

ちょっと待った!
赤ちゃんが小さいのなら、予定日までしっかり母胎で育てるほうがいいんでないの?

これは一人目の娘さんのときの話。

二人目の息子の時もやっぱり同じように二週間ほど早く産まされたそうだ。今回の理由は羊水が少ないからだって……。

「アキツさん、13日(今日です)に検診あるの? あー、もしかしたらそのまま産まされちゃうかもよ」と数日前に電話したときに聞かされ、やったらめったらナーバスになっていたあたし。

「でもさ、断ればいいじゃん、いやだって」
「それがですね、断れないんですよ。なんかもう、雰囲気的に」

って確かに専門家に向かって「イヤだ」とはそうそう簡単にゃ言えまへんな。そういって本当に何かあった場合、困るのはこっちだし。って、そうなるなら、それなりの反応が身体にあるはずだけれど、どうなんだろう?


うわーん、でもいやよ〜ん。
ぜったい獅子座に入るまでは産みたくないよ〜(笑)。

「え、だって予定日は8月1日だろ? なんでそんなに早く産まなくっちゃいけないんだよ」と、あたし同様に困った顔をするぼくちゃん。今朝家を出て行くとき、お互い神妙な感じになってしまった(笑)。
一応立ち会い出産の予定だから、彼的にもいろいろと考えているのだろう。

ところが検診に行ったらいつも通り。なーんの変化もありません。

「順調ね、いい感じよ。陣痛の間隔が5分になったら12階に行きなさい。電話なんてしなくていいの、ただ行けばいいんだから。あとベイビーが動かなくなったときもね」

えーっと、入院に関して何か準備することってなんでしょう?

「何もないわよ。ベイビーの服だってあげるし、あなたの下着は汚れるからこっちから配給されるし……そうねえ……あえていうなら歯ブラシかしら。この病院の歯ブラシはひどいから。それに伴って歯磨き粉とタオル。あとは本とかかしら。自分がリラックスできるものを持ってきたらいいわよ」

え、ほぼ手ぶらでいいってこと?
(カーシートは必需品だけど、それは入院してから持ってきてもらえばいい)。

うーむ、さすが二泊三日でだされるだけあって、日本とは違いますな。
そうかー、赤子の服まで用意されるのか。
でも一応持って行こうっと。せっかく親が買ってくれたんだし。

ということで、次の検診は20日の木曜日。
どうやらあたしの担当医さんは早く産ませるということはなさそうだ。






告知です:
出産予定日(8月1日)まであと二週間ちょい。更新が滞ったら「おや、産まれたかな?」と思ってくださいな。



人気blogランキングへ
クリック、ありがとうでつ。



| アメリカ病院話 | 11:58 | comments(10) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:58 | - | - |
コメント
私の番のときは、こちらのブログ参考にさせてもらうから、よろしくーです。
| すまいる | 2006/07/14 3:20 PM |
いよいよだね。楽しみだ!がんばれ〜あきつちゃん!
| さっちーな | 2006/07/14 11:58 PM |
@すまいるさん
このブログを参考にするんですか? 
では、なるべくおもしろおかしく書きますね(って違うか)。
| liberula | 2006/07/15 12:19 AM |
@さっちーな
どうもありがとう。
| liberula | 2006/07/15 12:20 AM |
いよいよですね! 元気なbabyが産まれると信じてます!
ところで,先日職場の方の赤ちゃんが産まれたので(その方も38才,学年が1つ上です。正確には39になる年に産んでます)miki house firstなんてところにお祝いを買いに行きました。う〜ん,あきつもこんな準備をしてるのかなあ,と思ったけど・・・。 病院の事情はやはりそちらって感じですね・・・。
| auchi | 2006/07/15 12:52 AM |
とりあえず一安心ですね。でも本当、赤ちゃんが小さいんだったら、予定日までちゃんと母胎で育てるべきなんじゃないの?!本当、不思議ですねー、アメリカの医療機関って。
あと2週間ちょっとで8月。それまで待つんだぞ、A-Jr.!!
| junn | 2006/07/15 12:59 AM |
@auchi
やっぱりアメリカと日本では入院の日数とか違うから違うと思うな。miki house first! 日本のベイビー服はかわいいよ。
| liberula | 2006/07/15 1:57 AM |
@junnちゃん
うん、とりあえずね。どきどき損でした(笑)。
でもこれからは本当にいつ産まれてもいい状態なので、自然に任せます。
| liberula | 2006/07/15 2:08 AM |
安産になりますように!

産褥体操はしっかりやった方がいいですよ〜。骨盤ユルユルのまま放っておくと後で泣くから。
| ビアンカ | 2006/07/15 5:50 AM |
@ビアンカさん
「産褥体操」ってなんぞや!? と思って検索かけました。なるほど〜。
やっぱり体験者の話は身にしみますね。
| liberula | 2006/07/15 12:08 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://harlem124.jugem.jp/trackback/105
トラックバック