AX 出産ってやつ<その弐> | ハーレム通信




◆◇◆ご訪問ありがとうございます。残念ながらこちらのブログは更新しておりません。
続きはニューヨーク、住んでみればこんなとこで、お楽しみ下さい。◆◇◆







CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
Map
海外*育児blogリング
海 外*育児blogリング
Back  Next
List
google
Amazon
MOBILE
qrcode
<< ゲップ星人 | main | メッツ東地区優勝! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
出産ってやつ<その弐>
9.11シリーズに押されてしまった。出産の話を忘れないうちに続けます。
まずは<その壱>を読んでくださいね。



天使に見えた白人の看護婦さんに連れられていったのは、大部屋のようなところ。
多分左右に三つづつベッドがカーテンで仕切られてあったと思う(もしかしたら四つづつかも)。
あたしは手前から右側二つめをあてがわれ、背中がばっくり開いているアメリカンな病院ガウンと腹巻きを渡された。ついでにおしっこを取るのでトイレにも行けとも言われ。

あたしの陣痛はこのときかなーり、ピーク。
立っていられず、ベッドの脇に立ち、上半身を「くの字」になるように折るのが一番いい体勢だった。

なので「えー、トイレに行っておしっこだああ?」ってな感じ。
トイレに行くのもやっとこさっとこ。

これが出産する前の、自分で行った最後のトイレだった。

ところで陣痛の痛みを表現すると、ある人が「腰に矢がささった感じ」と書いていた。
と言われても、矢に刺されたことなんてないしー。でもね、その表現ってすんごい当たっている。わかりやすくいうと、ぶっとい注射針を10本ちかくぶすぶす腰に刺されている感じとも言えます。って、これもわからないかな。

とにかく「突き上げる痛み」だった。

初期の頃、陣痛が来ないときは本当にへらへら、普通の自分だった。
でも、だんだん痛みの波がやって来て、話すことすらできないほど痛い、のだ。

あたしはさっさと麻酔をかけてもらって陣痛の痛みなんてさようなら〜と思っていたので、いわゆる呼吸法なんて練習してこなかった。友だちに訊いても「そんなの必要ないよ」とも言っていたし。

果たして呼吸法は練習していたほうがよかったのか?

多分、していったほうが、痛みがピークのときは役に立ったんじゃないのかな、と思う。ただあたしの場合は練習していなかったし、ピークのときは息を吸って吐いて、ということはできず、うなり声を上げ、ひたすら息を吐くばかり。たまーに「うううー、今いきんじゃだめ〜、まだはやいー」なんて言っていたり。

日本では麻酔を使わないでやるのが一般的だから、いや、本当に尊敬します、はい。



さて、そのようにうなっているときにXukumaのマイコちゃんや仕事を終えたjunnちゃんが応援に駆けつけて来てくれた(あ、ぼくちゃんも仕事が終えてから来ました。夜の8時くらい)。

と同時に白人のドクターが入ってきていろいろとあたしに質問をし始めた。

はっきり言って、このドクターを見たとき「え、コイツが担当医だったらイヤだなあ」と思わせてくれた素敵な方であった。

質問の内容は、名前とかまあ、普通のこと。
その中に「アルコールは飲んでいる?」「煙草は?」と、妊婦さんになって何度と聞かれたことだ。で、最後におきまりの「ドラッグは?」

あたしはこのとき陣痛の痛みがピークにやってきたというのもあるけれど、なんというのか

なんでそんなこと訊くんじゃあああ、ぼけぇ!

な気分満載。
なので「NOOOOOOOOOOOOOOO! なんで!?」と、食ってかかるように言ってしまった。ら、このドクター



「You know, だってここはニューヨークだから」とか言いやがったのだ。


ほほう、じゃあ、ニューヨーカーはみーんなジャンキーの集まりざんすか?
どこぞの田舎からでてきおったんかい!

「どこに住んでいるの?」
「ハーレム」
「……遠いねえ……」

あたしが行った病院は59丁目のコロンバスサークル付近にある。
確かにそこから考えれば遠いよね。

「友だちはどこに住んでいるの?」
「みんなハーレム」

と言ったら、ちょっとため息をついた。

なんで?

と思ったら、ぼそっと一言。







「今夜、きみは入院、できないよ」









え?







続く。






人気blogランキングへ
クリック、ありがとうでつ。
| 妊婦のつぶやき・思い出 | 05:32 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 05:32 | - | - |
コメント
相当痛いんだろうなってのが、手にとるように分かりました。だって、ベッドの横の手すり(?)を握ってる手がブルブル、ガクガクしてましたもん……

「ここはニューヨークだから」ってよりも、「ここはアメリカだからね」って言うべきでしたよね、あのデブ医者。でも笑顔は癒し系でしたよ(爆)。テレビを見てると、絶対に「ドラッグをやってるか」って訊いてます。それによって胎児にどれくらいの影響が出るか、出てくるか、新生児の医療チームの配備が必要か否か、色々と手配しなきゃいけないみたい。ドラッグをやってる(or やってた)母親自身にも色んな問題が出てくるらしいですよ。出血が止まらない、とか息めない、とか。

テレビっ子も捨てたモンじゃないなぁなんて、一人ちょっと優越感に浸った瞬間でした(爆)。
| junn | 2006/09/19 1:56 AM |
出産で大変だわぁ〜。
みんな、それを乗り越えているのね。。。
あ〜手に汗にぎる内容で、、怖いよぉ〜。
いつか私も母になれるのかしら?

続きが待ち遠しいぞ〜!!1
| わぼ | 2006/09/20 12:17 AM |
@junnちゃん
そうか、あの医者って癒し系だったの、笑顔(笑)。覚えていないよ。
そうそう、別にいつも質問されるからいいんだけれど、あの時だけはダメだったんだよね。痛みに負けていたということかしらん。

@わぽどの
人によって違うよ、出産って。5時間で産んだ友だちもいて、2回ほど息んだら終わったらしく「え、終わったの?」と訊いていたらしい。
うらやましいぞ、と。
| liberula | 2006/09/20 3:15 AM |
初めまして〜☆
私も妊娠を控えていて、11月末に出産予定です♪
なので参考がてらに読ませてもらっていたんですが、アキツさんのBlog面白いです(笑)
コロンバスサークルの近くの病院ってことは、某有名大学付属の総合病院ですか??
私もそこで出産する予定です(*´ω`*)
先日検診に行ったら、強面の無愛想なBlackの女医さんに、「あなた(妊娠)8ヶ月まで何やってたの!?」と怒られちゃいました(苦笑)
日本に居たっちゅうねんって言ったら、「あぁ、なるほどね」って言われてちょっと優しくなりましたが(^-^;)
| 八チ | 2006/09/27 4:59 AM |
@ハチさん
こんにちは、コメントありがとうございます。
わあ、もうすぐですね、結構お腹がこれから大きくなっていきますよ。参考になっているのかどうかわかりませんが、楽しんで読んでくださっているようでありがたいです。
日本からやってきたら勝手が違うのでとまどうことが多いかと思いますが、乗り切ってくださいね。何かあればメールしてくださいな。

ところで病院ですが、そうですよ、某有名大学付属の総合病院です。食事が美味しくないので、インスタントのみそ汁を持って行くことをお勧めします。
| liberula | 2006/09/28 1:46 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://harlem124.jugem.jp/trackback/142
トラックバック