AX 出産ってやつ<その参> | ハーレム通信




◆◇◆ご訪問ありがとうございます。残念ながらこちらのブログは更新しておりません。
続きはニューヨーク、住んでみればこんなとこで、お楽しみ下さい。◆◇◆







CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
Map
海外*育児blogリング
海 外*育児blogリング
Back  Next
List
google
Amazon
MOBILE
qrcode
<< 自分の子どもがかわいいのは、当たり前? | main | 出産ってやつ<その四> >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
出産ってやつ<その参>
ーーあらすじーー
陣痛が始まって夕方5時頃に病院へ行ったけれど、そこで診てくれたドクターから「今夜は入院できないよ」と言われて愕然とするアタシ。
果たしてどうなる!?
詳しくは<その壱><その弐>をどうぞ。

**

さて、ドクターに泊まれないと言われてしまったあたしですが、それっていったいどういうことなんざんしょ。
子宮口が3センチしか開いていないから?(10センチ開いたらいきめる)

そして、彼から続いてこんなことを言われた。

「どうして友だちと一緒に夕ご飯食べに行かないの? この辺りにはデリも、ほら、角にピザ屋もあるじゃん。外に出るのが大変だったら病院の1階に売店があるから、そこで何か買ったらいいよ。それとも何も食べたくなければ、この辺りを歩いてみるとか、とにかくベッドから出て歩きなさい


アンタ、あたしがどれだけ痛いって叫んでいるのかわからんのかあああああああああ!!!!!!!!

立てないっていっているだろがっ!!

つまりアレですか。
後にもたくさん産まれそうな人が待っていて、あたしよりも子宮口が開いている人たちだから、そちらを優先したい、と?

お前は鬼じゃ、鬼じゃああああああああああ!!!!!!!!



でも歩いた方が本当はいいんですよね、重力により子宮口が開きやすくなるそうだから。

とはいえ、この言葉はあたしに死ねと言っているようなもんです。
痛くって、とにかくあたしが欲しいのは「麻酔」のみだったんですからね。

頑なに拒否して、がっかりしているドクター。
とにかく麻酔はいつ打ってくれるのか、そればかりを訊いていたあたしです。

junnちゃんが確認してくれたところによると、お水を2リットル飲まないと麻酔を打てないということ。そんなんでいいんだったら、今すぐ目の前で2リットル、一気のみしたるわ!

そんな気分満載。

それから麻酔を打つための準備か、点滴を受けることになり(って、みんな受けるんでしょうな)、白人のハードロックが好きそうな、色白で真っ黒な髪の毛のキレイなお姉さん看護婦がやって来た。オジー・オズボーンなファッションが好きそうと言えばわかるかしらん(って、もっとわからない?)。
なので、スモッグの袖口からちょろりとでている素敵な入れ墨が腕にあり、顔にはピアス。

ところでそのお姉さん、まずは左手の手首に針を刺したけれど失敗。

どうでもいいけれど、ニューヨークにいる看護婦さんたちってなんでこうも針を刺すのがへたくそなのか。採血するときだって血管が見えているのに、違う、深いところへ刺して「あなたの血管は細くって採りにくい」とか言って血管破裂させているし。

ピアスのある顔をしかめながら右に替えたら、これまた失敗。
「あなたの血管が細かったの」って、はいはい。あんたのせいじゃなくってあたしのせいね。勘弁して欲しいよ。学校でいったい何を習ってんだよ。

「学校ではもっと細い針だったのに、なんでこうも太い難しい針を使うのかしら」って言い訳はいいからさ〜。つーか、学校と実践が違うものを使っているっていうのもアタシにはわからん。

で、結局右手の甲に打つことになり……これがうまく行ってどうにか一件落着。
しかしパックの中の水が体内に入るにはこ1時間かかるとか……。







だから、一気のみ、するから! 水!!




続く。





人気blogランキングへ
クリック、ありがとうでつ。
| 妊婦のつぶやき・思い出 | 02:00 | comments(7) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:00 | - | - |
コメント
思わず自分の出産の時を思い出しました。
私はいつでも麻酔が打てる状態にも拘らず、日本人魂!とか思って我慢してみたけど、無理無理。
結局打ちましたよ。

子育て頑張って下さい。私も毎日ヘロヘロです。
つーか、今日まだシャワーしてないし・・・。
| うさぎ | 2006/09/23 8:13 AM |
わおー。経験者はみなさん口を揃えて、陣痛の痛みはもーうハンパじゃない、とおっしゃいますので覚悟しています!アキツさん、質問ですがウルトラサウンドって受けました?妊婦友達が行った新しい医師の所で(今まで私達がかかっていた医師は出産までは扱っていないので)受けていないことが罪!のような言われ方をした、と言ってました。私もたぶんやっていない。。。私はこれから新しい医師にかかるのですが、同じように言われるのかなー。最後になってバタバタしそうですー。
| YUKI | 2006/09/23 11:37 PM |
血管破裂って・・・
手の甲って痛いよね。
(私は点滴でいちばん嫌いな部位です。)
でも、それも陣痛の痛みでそれどころじゃないか?!

とにかく怖いけど続きが読みたい・・・
| わぼ | 2006/09/24 10:57 PM |
この臨場感あふれる出産リポート!
早く次が読みたいです。
私の場合はドクターが内診した時点で子宮口が既に7センチ開いてたので必死に「麻酔してください!」と頼んだけど、
「7センチも開いてるからもう遅いわね」と言われて目の前が真っ暗になりましたよ。
結局その後すぐ生まれたのでよかったですけど、日本在住の友達はもちろん麻酔なしで58時間耐えたつわものがいます。ありえねぇ、ありえねぇ。
| たこやき | 2006/09/25 12:44 PM |
@うさぎさん
コメントありがとうございます。ねえ、麻酔なしなんて考えられないですよね(笑)。
シャワー、あたしもまだです……(笑)。

@YUKIさん
痛いですよ〜。でも、それも人それぞれのようですが。
えーとですね、多分『ウルトラサウンド』ってやっていないと思います。だって記憶にない……やっていないとダメだったのかしらん……???

@わぽどの
手の甲は痛いよね。それも退院する日の朝までやっていたので大変だったよ。

@たこやきさん
しえー、麻酔なし、だったんですね。でもすぐ産まれてよかったですよね。
58時間なんて考えただけでも気を失いそうです。
| liberula | 2006/09/26 6:10 AM |
ウルトラサウンドって超音波のことですよ!日本じゃ毎検診で超音波を使って胎児の様子をみるんでしょ?アメリカは1回が普通らしいですよ。多くても2回とか。出産直前にもう1回、胎児の頭がちゃんと子宮口に向いているかを確認するためにウルトラサウンドをやるのみだそうで。アキツさんのときはインターンの若造が直前のウルトラサウンドをやってましたよね。覚えてます?彼はもっと胎児の様子を見たかった感じアリアリだったけど、デブの癒し系医師が「頭の向きを見るだけ。はいお終い」ってめっちゃぶっきらぼうな言い方で怒ってました(笑)。
| junn | 2006/09/28 12:40 AM |
@junnちゃん
あら〜、経験者なのに『ウルトラサウンド』ってソノグラムの意味だったのね〜(恥)。そういえばそういっていたような……。

日本はね、たくさんするけれど、アメリカも病院によって回数がまちまちです。
それについて書こうと思っていたのにな(笑)、いつになることやら。

どうもありがとう。
| liberula | 2006/09/28 1:50 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://harlem124.jugem.jp/trackback/145
トラックバック