AX もしも日本人が奴隷だったら | ハーレム通信




◆◇◆ご訪問ありがとうございます。残念ながらこちらのブログは更新しておりません。
続きはニューヨーク、住んでみればこんなとこで、お楽しみ下さい。◆◇◆







CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
Map
海外*育児blogリング
海 外*育児blogリング
Back  Next
List
google
Amazon
MOBILE
qrcode
<< 王ジャパン、決勝進出〜。 | main | インターレイシャル(異人種)カップルってめずらしい?  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
もしも日本人が奴隷だったら
もしも日本人が黒人と同様な扱いを受けた奴隷だったら、どうなっていたんだろうか。
どこかの国で今と似たような「日本」を形成しているのだろうか?



昨日行ってきたSLAVERY in New York展について、まだまだ考えてしまう。
というか、今現在の現実とのギャップにどこかしっくりきていないのだ。

1820年代にやっと解放された黒人奴隷たち。
でもそのころには、アイルランド人やイタリア人移民がニューヨークに入ってきていて、仕事の多くを彼らに奪われ「人間」になったのに、仕事がない。

奴隷時代に食べさせられていた食事はほとんど腐りかけたものばかり。

と、悲壮なことばかりをあげてしまうけれど。

うーん、消化しきれない。

今現在のアフリカン・アメリカンを形容するなら「怒り」と「諦め」になってしまうのかな。
この街ハーレムには、たくさんの若者が昼間っからぶらぶらしている。
ハーレムだけじゃなく、多くのブラックコミュニティーにはそういった若者が多いだろう。

中にはドラッグを売ったりして生計を立てている者もいるだろうけれど、多くの人たちはいったい何をやっているんだろう。
つまらないことでいちゃもんをつけ、ケンカばかりしているのだろうか?



健康な身体があるんだから、働きなよ。まだ二十歳過ぎでしょ。
60歳近いお母さんを働かせて何とも思わないの?

と、ある若者を見て思う。
中学校しか出ていないから、仕事見つけるのが大変なんだ(アメリカは日本以上に学歴社会で、中学校しか出ていないと本当に、想像を絶するほどに仕事を見つけるのが大変という)。

でもさー、義務教育の高校を出ないで中退したのは誰のせい?
友だちのせい? 先生のせい? 自分のせいじゃないの?

と、言いたいけれど、言えない。
逆ギレされるのが怖いから。

彼が今までどんな人生を送ってきたのかわからないけれど、なんか、若者特有の「覇気」がない。そのくせ、スニーカーの最新モデルは欲しいらしい(働けよっ!)。



60年代に起きた公民権運動。
70年代の大不況。
ここでがらりとアメリカもそうだけど、アメリカ黒人の大きな転機が起きたんだろう。

だって、まったく違うもの。
1970年を境に。

そしてヒップホップも大きく変わっていっているように、黒人の中でも階級ができている。

今の若者の間に「アフリカへ帰ろう!」なんて叫ぶ人はいない。
どちらかというと、アフリカ人をバカにしている人たちが多い。

でもそんなバカにしているアフリカ人たちに仕事を取られてしまっているアメリカ黒人たち。



うー、いかんいかん。
引っ張られている。
ニュートラルにならねば。



アメリカ黒人の歴史、興味ある?
本田創造さんが書かれた『アメリカ黒人の歴史』面白いです。わかりやすいし。
ニューヨークの奴隷については書かれていないけれど(笑)。

アメリカ黒人の歴史
アメリカ黒人の歴史





人気blogランキングへ
クリック、ありがとうでつ。
| Black History | 12:27 | comments(30) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 12:27 | - | - |
コメント
前にもおんなじようなことをコメントしたんですけど、成功しているアメリカ黒人を見てみればどういう努力をしていて、どういう考えを持っているか・・って見てみれば、自分以外に文句をつけていて、改善や向上なんて無縁で、なんの解決もしていない自分が見えるだろうに・・って思う。

| すまいる | 2006/03/20 2:15 PM |
日本には身分制度がありましたよね。近代でも部落問題とか差別はありましたけど、わざわざ使われるためによその国に連れてこられる、なんてことはなかったからね。これは特別です。

しかし、今となっては卑屈になっても仕方ないんだけど…彼らの奥底に流れているものがわからないと、なんともいえないのかな〜。
| taro | 2006/03/20 11:12 PM |
確かにアフリカンパワーは凄いですよ。アメリカの黒人が仕事とられてしまうのもアフリカ人の勤勉さみたらなんとなく納得してしまいそうです。そんなアフリカンパワー、シンガポールにも押し寄せています。シンガポールのアフリカンの人口は3万を超えました。こちらにたいざいする日本人より多いです。
| Kiasu | 2006/03/21 1:54 AM |
おっしゃること納得できますよ。私もBKで見ていてそう思うこといっぱいあります。(うろうろしている無職の若者が多すぎ!)確かに昔奴隷だったし、人種差別もまだまだあるけれど。。でもそればっかりのせいにするのはやっぱりどうかと思います。(確かにシステムが悪いのは認めますが。

この本はもちろん読みました!本田さんの本は黒人文化を学ぶ上で必読ですよね。
| MAJIPENDA | 2006/03/21 3:25 AM |
どこまでが正しい歴史かわかりませんが、日本人も奴隷として海外に売られていた時代(安土桃山時代辺り)があったという記録を残している歴史家もいますよね。
| 通りすがり | 2006/03/21 4:23 AM |
日本は奴隷を連れてきた側ですからねぇ… 強制連行で中国と朝鮮から沢山の人を連れてきて。でも日本軍が「国」としてやってたから、それを素に商売してた人はいなかったと。アフリカ人は売った側で、アメリカは買った側で。

成功しているアメリカ黒人がよく言われるのが「中身は白人だ」ってこと。ビル・コズビーが批難浴びてましたよね。「いつまでも悲観的になってたら駄目だ。意識改革が必要だ。自分達が変わらなければ、何も始まらない」って言って。

一筋縄ではいかないんですなぁ……
| junn | 2006/03/21 5:46 AM |
自分のせい・・・。^^;;;私だったら、わかっちゃいるけど、言わんといてーと言っていたかも。
肯定できない悲しさは否定となりあきらめとなり。その若者が自分に向きあうチャンスが早く訪れたと理解できたならいいのになあ。とこれまた。
| すいか | 2006/03/21 6:47 AM |
オーストラリアのアボリジニ問題も、似たようなものかもしれません。差別されているのは確かだけど、アボリジニのみんながみんな、向上するための努力をしているのか?とか...。
こういう意見は、公に言うと「問題発言」になってしまうから、なかなか言えなかったりして。
結局「臭いものには蓋」ということで、全然事態は変わらないのです。
ただアメリカの黒人と違うのは「成功しているアボリジニ」がほとんどいないということです。
| 脳天気 | 2006/03/21 6:44 PM |
日本人が奴隷だったら?
想像を絶するでしょうね。

黒人の若者が働かない。
私もこれ感じたことがありますし、スーパーのレジ、黒人女性よりもメキシカンの女性たちのほうがよく働くな。なんていつも見ています。

「諦め」も若い黒人にたしかに読めるし、でもがんばっている黒人たちもいっぱい知っています。

「教育」の大切さを思い知らされます〜。


ただ、アボリジニや黒人って、自分たち独自の生活習慣や時間感覚等を無理矢理白人流に押しつけられ、彼らが活躍していこうとする社会ってのも「白人のフィールド」である。ということをよく理解してあげないと、たんなる怠け者のレッテルを簡単に貼り付けてしまうんじゃないかな。って思う。

それから「成功」も「白人の解釈する成功」だって思う。
いかに豊かに生きていこうとしても、自分たちの得意なフィールドが白人流になってしまい、根本的に上手く生きていけないのでは?って。

ほんとうは彼らが独自の社会を作ればいいのかもしれないけど。
ネイティブアメリカンのひとたちは、インディアン居留区を与えられたけれど、基本的には追いかけたいバッファーローも数が減り、移動する生活を営んできたのにこっちに入ってはダメ!なんて言われたら、調子狂うよね。


ラッパー達は所詮ラッパーだけど、黒人文化を白人の若者にすごーく浸透させた功績はあると思う。白人がこれで少しだけ黒人文化や黒人を多少は理解して来ているかもしれない。って。

初めて来たのに失礼しました(いつも楽しく読ませてもらっています!!)
| ciala | 2006/03/22 2:53 AM |
通りすがりさん
>日本は奴隷を連れてきた側ですからねぇ… 強制連行で中国と朝鮮から沢山の人を連れてきて。でも日本軍が「国」としてやってたから云々

証拠は?
自分達は強制連行され、日本で奴隷に甘んじたと主張する人がいるから?

貴方は何を根拠に、日本が奴隷を連れてきた側と発言するのですか?それは、アメリカの奴隷の歴史と同列なのでしょうか?
貴方の発言は、日本人とアメリカ黒人奴隷の歴史を侮辱しているように思えます。
貴方は善良なのかもしれませんが、世の人がすべて正直で善良とは限らないのですよ。



| うらぼん | 2006/03/22 7:25 PM |
@すいまいるさん
成功した黒人のことを多くの人が「白人になった」という言い方をするんですよ、嫉妬含めて。それじゃ解決にならないだろう、と思うんですが、それが今のこのコミュニティーの大きな大きな問題点なのです。

何もしない若者がハーレムの街をうろついているのは一向に構わないのですが、そういった人が自分の近い距離にいるとちょっと考えてしまうわけです。
| liberula | 2006/03/22 11:15 PM |
@taroさん
個人的には黒人は「出る杭は打たれ続けた」ような気分でもあります。いろいろな複雑な問題が絡んでいるとはいえ、いい加減しなさいと言いたい。ただ単に甘えているというのかな。

がんばっている黒人の足だけは引っ張るなと本当にいいたいです。
| liberula | 2006/03/22 11:17 PM |
@kiasuさん
シンガポールとアフリカ人! 
不思議な組み合わせ、と思ってしまうけれど、納得かもしれません。彼らのハングリー精神はすごいですよね。

アフリカン>カリビアン>アフリカン・アメリカンという公式で働く指数が出ております。
| liberula | 2006/03/22 11:18 PM |
@MAJIPENDAさん
いろいろと議論をしていったらとどのつまりは「政府が、システムが悪い」ということになりますよね。それはわかっているのですが、なんというのか他にも行動のしようがあるのに、その可能性すら投げ出しているのがもったいないというのか、やるせない。
そう思うのは豊かな国ニッポンからやってきたからそう思うのでしょうかね。

本、面白いですよね。あたしも年に何度かふらっと読み直します。
| liberula | 2006/03/22 11:21 PM |
@通りすがりさん
こんにちは、コメントありがとうございます。
そういった事実があるといっていらっしゃる歴史家がいらしゃるんですか。そういえばどこかで聞いたような、聞いてないような。
ちょっと調べてみます。ありがとうございました。
| liberula | 2006/03/22 11:23 PM |
@junnちゃん
韓国や中国の人たちのことを日本政府が「奴隷」とはいっていなかったんじゃないのかしらん。どうだっただろう。でもそこにお金は絡んでいなかったよね。そこが今回の「奴隷貿易」とは大きく違うことだよね。

一筋縄ではいかないよ〜。
うん。
| liberula | 2006/03/22 11:25 PM |
@すいかちゃん
物事ってすごいシンプルなのに、いろんな人が複雑にしちゃうんだよね。
| liberula | 2006/03/22 11:27 PM |
@脳天気さん
アボリジニって、どちらかというとネイティヴインディアンと近い問題があるのかもしれませんよね。あ、でも黒人問題ともにているか。

そうなんですよね、こういった問題はとってもデリケートで問題発言になってしまうし、ああ、面倒くさい。
| liberula | 2006/03/22 11:31 PM |
@clalaさん
こんにちは、コメントありがとうございます。

そうなんですよ。「成功」というのは「白人が作った社会」での成功なのです。だからそういう黒人に向かって「あいつは黒人じゃなく白人になった」と言いたくなる気持ちはよくわかるのです。
でも、自分たちの社会(黒人社会)を築きあげたかったら、一度その社会(白人社会)にはいって乗っ取ってしまえばいいのにと考えたりもするんですね(とっても難しく、もしかしたら理想的かもしれないけれど)。

黒人音楽が与える影響力。彼らの話す言葉の影響力を考えればいいのになと思うのですが。

でも彼らは「物欲主義にならざるを得なかった」人たちのようにも思えます。あと、いずれ書こうと思っているのですが「アメリカ資本主義」と「日本資本主義」の違いってことかな。これで結構また彼らのことがわかるかしらん、と思ったりしています。
| liberula | 2006/03/22 11:36 PM |
@うえぽんさん
えーっと、あなたが意見をお伺いしていらっしゃる方を間違えていらっしゃるようですよ。

歴史を勉強するのは楽しくもあり、難しくもありますよね。
見方の問題が絡んでくるので。
| liberula | 2006/03/22 11:40 PM |
うえぽんさん

*アキツさん、横レス入れてしまって申し訳ないです。

ウチが言いたかったのは、アキツさんが仰ってる通り「奴隷貿易」でお金が絡んでいたかいなかったか、です。日本に連れてこられた人達を奴隷とは読んでいなかったので、それを引き合いに出そうとしたのが先ず間違いで、もうちょっと明確に自分のポイントを突いていれば、と思いました。説明不足で終わらせたのがいけなかったですね。

日本の歴史もアメリカ黒人の歴史も、ウチは侮辱するつもりは全くありませんし、侮辱したとも思っていません。ただ、書き方が悪かったなという反省はしてます。

お金が絡んでいなかったであろうとは言え、日本人として、アメリカの奴隷制を他人事の様に考えちゃ駄目ですよね、ってことが言いたかっただけです。


| junn | 2006/03/23 12:08 AM |
>@うえぽんさん
えーっと、あなたが意見をお伺いしていらっしゃる方を間違えていらっしゃるようですよ。

junnさんでしたね
通りすがりさん失礼しました。

>歴史を勉強するのは楽しくもあり、難しくもありますよね。見方の問題が絡んでくるので。

強制連行は見方の問題ではなく。
在日朝鮮人が、自ら強制連行は神話であり、自分達は経済的問題により、おおくは密入国したといっています。
強制連行を主張する人はチュチェ思想家や、共産主義的一部の人、および人権屋のみです。

きつい言い方になりますが
中国や朝鮮半島の主張を鵜呑みにして
日本は酷いことをしたと反省するのはたやすいが
なぜそこで、嘘か本当かを調べ考えないのでしょうか?
善良で、愚かしいその判断が
現在進行形で人権を踏みにじられている中国や北朝鮮の人々を貶めていることになるとは思いませんか?

今一度問います、貴方は何を根拠に
当時の日本人が奴隷商さながで、アメリカ黒人奴隷史に比する非道をはたらいたと主張するのですか?

”酷い仕打ちを受けた”との言い分を信じて
哀れみをもつのは、優しさかもしれないが
同時に”酷い仕打ちをした”と告発された人たちの弁明に耳を傾けたのですか。
軽薄な善意で、貴方は何を糾弾するのですか?





| うらぼん | 2006/03/23 12:35 AM |
junnさん
すみません、二重投稿および
リロードしていなかったため
新しいコメントを読んでいませんでした。

知っていただきたいことは
当時の日本には、朝鮮半島や中国からの密入国(当時は日本領なので密入国ではないのですが)で人々が流入していました。
つまり、無理やり連れてこなくとも日本には労働力としての朝鮮人や中国人がいたのです。
それなのに、わざわざ強制連行してくる必要性があると思いますか?

”強制連行”や”従軍慰安婦”等は戦後創作された言葉にすぎません。
どうか、軽はずみに貴方の先祖を貶めないでください。
人権は尊重されるべきことです
ですが、”人権”という言葉を弄して利する人達がいることも知ってください。
| うらぼん | 2006/03/23 1:04 AM |
うらほんさん、
junnさんに対して「愚かしい」とか「軽薄な」という言葉遣いをするのは、どうかと思います。あなたのコメントの内容以前に、私はこういう書き方に引いてしまいます。
たとえ反対意見を持った相手に対してでも、礼儀を守った書き方をするべきです。またご自分のご意見に耳を傾けて欲しいなら、その方が効果的ではないでしょうか。
またここでのトピックは、アメリカ黒人のことなので、その話題から遠い議論は、別のところでした方がいいように思います。
| どうも | 2006/03/23 5:50 AM |
どうもさん
不愉快にさせてしまって、申し訳ありません。

ですが、善意からでた哀れみによって
貶められ、傷つく人もいることを考えてください。
まして、嘘を信じて
本当に、奴隷として人権を蹂躙された黒人と
人の善意につけ込んで利をえようとする輩を
同じように語るのは、黒人奴隷に対する侮辱ではないでしょうか?

私の書きこむ、言葉は不愉快かもしれません。
しかし、耳障りのいい優しい言葉と
思考の停止は、無関心の表れではないでしょうか?

>またここでのトピックは、アメリカ黒人のことなので、その話題から遠い議論は、別のところでした方がいいように思います。

日本が大正時代に、当時の国際連盟に”人種差別撤廃条項”を提案したことをご存知ですか?
また、今現在においても日本は先進国内で唯一の有色人種国です(移民の国アメリカでも政治中枢は白人主導ですよね)。
そういったことからも、日本人の人権や人種差別への考えは、アメリカ黒人にとっても意味深いものではないでしょうか?



| うらぼん | 2006/03/23 11:28 AM |
@junnちゃん
TBどうもありがとう。
| liberula | 2006/03/23 2:29 PM |
@どうもさん
こんにちは、コメントありがとうございました。
| liberula | 2006/03/23 2:30 PM |
@うらぽんさん
いろいろと意見ありがとうございました。
わたし自身知らないことが多いので非常に参考になりました(ただ理解力が足りないので、書かれていることがちょっと難しいです。すいません)。

厳しい、キツイ言葉を使わなくとも伝えたいことは伝えられると思いますよ。日本語は表現が豊かですからね。

| liberula | 2006/03/23 2:35 PM |
こんばんわ。
私最近、原始仏教と中国から伝わって来ている気学と言う物を学んでいるのですが、そのどちらもとても大切な核になる思想が共通していて、それが仏教で言うと「縁起」。
「自分が変われば縁が変わり、縁が変われば結果が変わる。」と言うものなんです。
お釈迦様が仏教を創るに至ったのがヒンドゥ教の教えが違う!と悟ったからヒンドゥの苦行者を止めて仏教をインドに拡げたのですが、何が「違う」と悟ったのかと言うと今でもインドに残るカースト制、それを蔓延らせる元凶がヒンドゥの「輪廻転生」。
「今の自分は前世の自分に原因がある、だから今世は現状に耐えて来世に救いを求めましょう」て考え。これ今の日本で仏教と思われてる大乗仏教や密教そのもので、お釈迦様が拡めた教えは「縁起」に象徴されるように「今の自分次第でどうにでも現状は変えられる!」なんです。自分を救うのは神様でも仏様でなく自分の心ただ一つだと。(これ気学にも共通するんです。)
原始仏教も気学も人間の「毒」を「怒る」「諦める」「逃げる」
これアツキさんが始めに書かれた黒人の若者の事とも重なりますね。
でも黒人とか白人、国籍とかの関係なく(現れている現象はそれぞれですが)全世界が抱えてるマイナス面だと私は思うんです。
日本人もほとんどの人間が現実に夢や希望を持てず、マスコミに物欲の情報だけ与えられてみんな外身だけギラギラさせていたくて。働かずにマリファナ吸ってヒッピーやJラスタなんて言ってる若い子が溢れていますよ!人種でなく成功してる人達は皆共通した意識を持っていると思います。
私も最近学び出したので「毒」の癖がなかなか抜けませんが「怒らず」「諦めず」「逃げ出さず」常に自分をお釈迦様と同じ志をキープ出来るように四苦八苦してます。
ごめんなさい、凄く長くなってしまいました。
お金持ちや自己実現出来てるから「成功者」でなく、意識(心)の毒を手放なせたから「結果」が現れた、ただそれだけで黒人も白人も黄色人種も関係ないのでは?
| miemie | 2006/03/23 8:21 PM |
@miemieさん
そおおおおおおおおおです、そうなんですうううううう。
確かに人を取り巻いている状況ってあると思うけれど、用は「自分自身がどうしたいか」という問題だと思うんですよ。

「自分から動かないと、待っていても助けは来ないよ」とぼくちゃんには言っています。

ただ、やはり(これもよく言われることだけど)ロールモデルがいないから「どういう自分になりたいのか」がわからないのかなとも思ったりします。

ビバ、仏教!(笑)

あたしもちょっと勉強してみよう。

どうもありがとうございました。
| liberula | 2006/03/24 12:30 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://harlem124.jugem.jp/trackback/16
トラックバック
言葉の綾って難しい…
アキツさんのエントリー、もしも日本人が奴隷だったらにトラバです。 いつもの様にコメントを残したんです。ウチはいつも通りに普通に コメントを残したつもりだったんです。 が、今回はちょっと「いつも通り」ではなかったことがありまして。 それが今日のト
| ハーレムな総務 | 2006/03/23 1:32 AM |