AX 中澤まゆみさんにお逢いしました | ハーレム通信




◆◇◆ご訪問ありがとうございます。残念ながらこちらのブログは更新しておりません。
続きはニューヨーク、住んでみればこんなとこで、お楽しみ下さい。◆◇◆







CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
Map
海外*育児blogリング
海 外*育児blogリング
Back  Next
List
google
Amazon
MOBILE
qrcode
<< ビヨンセは9歳 | main | オイシー by Andy >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
中澤まゆみさんにお逢いしました
ユリ―日系二世・NYハーレムに生きる
ユリ―日系二世・NYハーレムに生きる
中沢 まゆみ


今日はとっても素敵な方に逢いました。
その方は中澤まゆみさんです。

って、誰よ。

ええっと、あたしの中ではジャーナリストと思っているのですがHPのプロフィールをクリックするとそうとは言えない方ですね。

あたしが彼女のことを知ったのは本当に偶然。

53丁目にある図書館で英語圏以外の本やビデオが借りられるとの話を聞いたのが2000年の頃。日系の本屋で買うと、定価の1.5倍は取られるのでそうそう気軽には本は買えなかったのだ。
ということで、活字に飢えていたあたしはもっぱら図書館利用者。

当時はクイーンズ地区に住んでいたけれどハーレムに、黒人文化に興味津々。英語でたくさん資料があっても、ねえ。英文じゃあ、ねえ。ということで、娯楽作品が並んでいる中、探してみたら……中澤さんの本にご対面。

『ユリ---日系二世NYハーレムに生きる』

そらーもちろん躊躇無く手にとって読みました。
内容は日系二世、コウチヤマ・ユリさんの家族のお話。そのユリさん、なんとマルコムXが暗殺されたときに、彼の頭を膝に乗せて「彼を死なさないで!」と祈りながら、彼の名前を呼び続けたのです。

もう3年以上も前に読んだ話だから、詳しいことは覚えていないけれど、ユリさんはポジディヴでバイタリティーがあってオープンマインドな人。そんなユリさんの人柄に惹かれて、彼女のことを本にしようとしたまゆみさんもまた、バイタリティーのある人。

ちょうど激動の60年代あたりをハーレムに過ごされていて、個人的に「いいなあ」なんて思ったりしていたのだ。

縁あって今日、中澤さんに逢った。そして、なんとユリさんのお孫さんにも逢ったのだ。

もちろんユリさんは18、19世紀の人じゃないからお孫さんが生きていらっしゃるのは当たり前だけど(そしてお孫さんはハーレムに住んでいて、ウチからちょっと離れたところに住んでいらっしゃることが判明)、かなり感動。

逢えるなんて思ってもみなかったからね。

ほらね、ニューヨークって、不思議。

*中澤まゆみさんのHPアドレス。
http://www.asahi-net.or.jp/~fx8m-nkzw/
| 洋書とか本とか絵本とか。 | 12:17 | comments(1) | - |
スポンサーサイト
| - | 12:17 | - | - |
コメント
昨夜、中澤まゆみさんと飲みました。
私は彼女と高校が同級でした。
今度「おひとりさまの法律」(法研)を出版したというので、今日買ってきました。
| M.M.Polo | 2008/10/18 11:26 PM |
コメントする