AX どきどき、JAL005便で東京までやってきたぞ。(その弐) | ハーレム通信




◆◇◆ご訪問ありがとうございます。残念ながらこちらのブログは更新しておりません。
続きはニューヨーク、住んでみればこんなとこで、お楽しみ下さい。◆◇◆







CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
Map
海外*育児blogリング
海 外*育児blogリング
Back  Next
List
google
Amazon
MOBILE
qrcode
<< どきどき、JAL005便で東京までやってきたぞ。(その壱) | main | 優先席の意味は? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
どきどき、JAL005便で東京までやってきたぞ。(その弐)
その壱の続き。

さて、旅だった日の朝はありがたいことにマイナス8度くらいだった。
なんでそんな日に飛び立たないと行けないのよ〜。

もともとベビーカーは持って行かない予定にしていたので、獅子丸をスリングに入れて、ぼくちゃんがトランクを運んでくれた。

カウンターでトランクを預けたとはいえ、獅子丸とあたしのダウンは軽いがかさばる。でもって獅子丸は眠くなってきたのかぐずり始めて、しえー、どうやって飛行機に乗るんじゃい!

じゃじゃじゃじゃーん。

そこでJALファミリークラブのおでましである。







「パスポートはご自分でお持ち下さい」と、ひょろっとした体型の、めがねをかけたOさんが言う。あたしは獅子丸を抱っこして、パスポートを持つだけ。

アメリカは出国検査がない。
でも代わりに、特殊ランプ装着の懐中電灯でパスポートの写真が載っているページをくまなく照らして、怪しいところがないかチェック。それから荷物(および靴)を皆荷物代に載せてX線でまたチェック。

このときが獅子丸に靴脱がせて、また履かせて……と、ちと面倒だったけれど(放っておくと、糸が切れたたこのようにどこへでも行ってしまうから。今回も開いていなかったトルコ航空のカウンターの中に入ったりして、それはそれは大変だった)、それ以外はOさんがすべて持って下さったので、本当に助かった。

一人の時もとくに魅力を感じていなかった軒を連ねてた免税店をするする〜と抜けてJALの搭乗カウンターへ。ここで一つ提案をOさんへ。

というのも、2歳児になったらいやがおうでも一人前払わないといけないけれど、お金をけちったあたしは、今回は獅子丸を膝の上で抱っこするということにしたのだ。でも、獅子丸が14時間もじっとあたしの膝の上に座っていることなんて、まず不可能。なので、もし飛行機が込んでいなかったら、ちょっと広いところへ移してもらえないかと訊いてみた。

Oさんはイヤな顔をせずカウンター内にあるコンピューターでチェックして下さり、なんと! 一番後ろの席4列をみーんなくれたのだ!!
素晴らし過ぎる!!!

Oさんは搭乗口まで着いてきて下さり、機内では担当のSさん(すっごい美人!)とバトンタッチして手荷物を持って下さった。「何かあったら遠慮なく言ってくださいね」と、こまめに飲み物やら食事やらスナックについて訊いてくれる。獅子丸がちとぐずりそうになったら、オモチャを持ってきてくれたり。

ありがたや。

空いていたせいもあるけれど、前の席に座った男性の人にも一言「迷惑をかけると思いますが……」と断りを入れておいた。そうしたら「孫みたいなもんですからね、大丈夫ですよ」と言って下さり、たまに獅子丸と遊んでくれたりもした。
ありがたいなあ。

一番後ろで何がよかったかというと、壁の後ろには免税の品を入れておく棚があって、左右に動けるし、大声を出しても防音効果があるのか響かなかったということ。でもってすぐトイレがあって、空いている時にはトイレに入って遊んだり。

日本へ着いても、すぐファミリークラブの担当者が待っていて、手荷物を持ってくれる。入国審査の場所は長蛇の列だったのに「お子様がいらっしゃいますからね」と、外国人専用列でプライオリティーの人用のところに並ばせてくれて、あっという間に通過。下に降りて荷物のピックアップにしても「大丈夫ですよ」と言って、重たいトランクを取ってくれて、税関を一緒に抜けて、両親の待っているところまでご一緒して下さった。

あたしは獅子丸をスリングに入れて、パスポートを持っていただけ。
あとはJALの人がみーんなやってくれた。

一人で日本へ帰ると決め、ストローラーを持って行かないと決め、でもどうやって獅子丸をスリングにいれたままトランクを? とかなり不安があったけれど、いらぬ心配だったってこと。

いやー、素晴らしいサービスでした。
本当に感謝感謝。

帰りの飛行機も同じスタッフの方らしいので、安心だ。

と、こ、ろ、で……
気になる(?)獅子丸が飛行機の中でどのくらい寝たのか、ということですが……


計4時間強でした(涙)。

飛び立ちながら2時間ちょい(3時間と勘違いしてしまった)。それからずーっとおっぱい加えたり、トイレで遊んだり通路を歩いて(たまに走って)免税の品の入っているところで遊んだりして、到着5時間前くらいにまた2時間ほど寝てくれた。

あてくしですか?
もちろん寝てないですよ。
でも寝なくてもけっこう平気だった自分に自分で驚いた。

が、帰りは3月25日。
今回ほど空いてないだろうから、獅子丸、帰りは横になって寝られないだろうな〜〜〜。

あー、せめてもうちょっと寝てくれれば楽なのに。
それだけ、体内リズムは「ちっ、ちっ、ちっ、崩しやしませんぜ」ってことなのかなあ。我が息子ながら難しいわ。もうちょいおかんをいたわってくんなまし〜〜〜。






人気blogランキングへ
クリック、ありがとうでつ。

こちらにも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ


JUGEMテーマ:育児
| おかん育児日記 | 12:06 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:06 | - | - |
コメント
ファミリークラブって素敵過ぎ!!
後ろの席を陣取れるなんて子持ちには天国じゃありませんか。

でも獅子丸くんあんまり寝てくれなかったんですね。
帰りは一服盛りますか?(笑)

子供が飲んでいる咳止めとか鼻炎の薬(普通に耳鼻科で処方されます)飲ませると結構寝ますけどね。
| kuro | 2008/01/29 2:25 PM |
@kuroさん
ファミリークラブさま様でした。

アメリカでもアレルギー用の薬を飲ませるといいという説があるんですが、ちと不自然かな、と。でも本当、一服盛りたいです(笑)。
| akitsu | 2008/01/30 12:50 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://harlem124.jugem.jp/trackback/396
トラックバック