AX 検証、なぜ東京の人は冷たいのか? | ハーレム通信




◆◇◆ご訪問ありがとうございます。残念ながらこちらのブログは更新しておりません。
続きはニューヨーク、住んでみればこんなとこで、お楽しみ下さい。◆◇◆







CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
Map
海外*育児blogリング
海 外*育児blogリング
Back  Next
List
google
Amazon
MOBILE
qrcode
<< 偽札 | main | トウキョウとニューヨーク >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
検証、なぜ東京の人は冷たいのか?
日本から戻ってきて、かれこれ1ヶ月近くになる。
地下鉄に乗る度に、東京の人とニューヨーカーの人との違いに「なんでだろう」と思わずにはいられない。

獅子丸をスリングに入れて両手に荷物を持っていると、必ず誰かしら席を譲ってくれる。荷物を持っていなくとも、どんなに混んでいても誰かしら「どうぞ」と言ってくれる。

ベビーカーで地下鉄に乗って立っていると「座る?」と聞かれるし、階段上り下りに誰かしら手伝ってくれる。

妊婦時代に席を譲ってもらえなかったのがウソのように、日本から帰ってきたら、何かと席を譲ってくれる。

都会の人は冷たいと言われているし、実際、ニューヨーカーは「アメリカの中で一番冷たい!」と言われている人たち。でも、そうでもないよ。それよりも彼らよりも冷たかったのは、東京の人だ。

なんで、そんなに冷たいのかしらん???


思うに、なんてったって忙し過ぎる! というのが一番の原因でしょうか。

どんな時間に電車に乗っても、目をつぶっている=寝ている人たちの多いことよ。
ああ、すっかり忘れていました。寝ても平気なところだって。あたしも獅子丸がいなかったら船を漕ぎたい気分だったし。

結局寝ている人(目をつぶっている人)が多いから、妊婦さんが乗ってこようと気がつかない。ということで、席は譲ってもらえないわけだ。

あともう一つ考えられるのが、電車の中の睡眠も一日の睡眠時間に換算されている、ということ。

なので、例えば席に座れ無くって寝られないと「計算が狂う」わけですよ。そんな中で「席を譲る」なーんて、絶対頭の中にはないことでしょう。だって席を譲ってしまったら「睡眠時間が減る」わけだから。

100%そうだ、とは言えないだろうけれど、当たらずしも遠からず、ではないのでは?

東京の人って忙しそうだったもんな。
すごい早歩きだし(新宿駅、怖かったわ。あんな場所、世界の他にはないよ)、駅構内に設置されているエレベーターにはみーんな我先に乗りたがるし(ベビーカーって優先じゃないの?)、何をそんなに急いでいるの?

おしゃれも皆「スキ」がなかったし。
なんか、どうでもいいような、流行とはまったく関係のない格好をしていたあたしはかな〜り浮いていたような気がする(笑)。髪の毛も伸ばしっぱなしだったしなあ。

なんだかものすごーく他人の目を気にしていたような気がする。

その他人の目を気にして生きているのに、ふっと気が抜けているのが電車の中なのかもしれないね。

休息してんだから、他人がどんなことになってようと、関係ないねって感じなのかしらん?

なんだか寂しいわ。

今まで「日本人は冷たいよ」と、帰国した友だちから聞いていたし、実際自分も海外旅行から帰ってきてはそう思っていたけれど、今回ほど「冷てー」と思ったことはなかったです。

なんであんなに個人主義になっちゃったのかしらん??




人気blogランキングへ
クリック、ありがとうでつ。

こちらにも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログへ


| おかん育児日記 | 11:19 | comments(14) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 11:19 | - | - |
コメント
あたしも大学のときはむっちゃ「スキ」のないかっこしてましたよー。
何て言うか、全身のうち1カ所でもちょっとおかしいような気がすると、
一日小さくなってたというか、、全身が「完璧」じゃないとダメなんですよね。

でもこっち来て、髪とかてっきとうにくくってりゃいいし、どんだけ変なカッコしてても上手がいるし(笑)、ラクチンですよね。あたしも、日本に帰ると緊張します。あ、ビーサンとかはいてたらあかんやん、とか。

あと、あたしは日本人の方が冷たいと思います。電車の中でも寝てるふりで絶対席変わらないし。特にサラリーマンは冷たい。大学生のとき通学電車内で貧血起こしたとき、席変わってくれたのはOLの女の人でした。けっこうアメリカ人は女の人には席を譲る気がする。レディーファーストが浸透してるなあ、と。
あと、日本に帰ったとき、成田空港のターミナル間の移動バスの中であたしの巨大スーツケースを乗っけるのを助けてくれたのは白人の男の人でした。日本人は完全無視。運転手ですら。最低、、と思いました(笑)何か、日本にいながらにして手伝ってくれるのが外国人なんて。。何か悲しいですね。
| izumi | 2008/04/21 12:27 PM |
そうですよね〜。
すごくよくわかります。

私もニューヨークでの、その「助け合い精神」といいますか、
すごく気持ちのいいものがあって、忘れないように心がけています。


この間私が電車で座っていて、後からおじいさんが乗ってきました。
その人が少し離れたところに立っていたので、譲ってあげようと席を立ったら、他の人が座ってしまいました。(笑)
私の降りる駅が次で、ちょっと恥ずかしくなってそのまま降りてしまいました。

別の時にも席を譲ろうと「座りますか?」と声をかけたら
「結構です」と、しれ〜っと言われてしまい、
座らないっていうこともその人の選択だから「アリ」なんですけど、
言った私がちょっと恥ずかしくなってしまいました。(照)

どっちにしても「恥ずかしい」な〜って思うんだと思いますね。
譲ることも、譲らないことも。
だから寝たフリ(笑)とか、知らん顔とかするってこともありますよね。
最近は席が空いてても座らないようになりました。(笑)
よっぽどガラガラな時は座りますけど、
そうじゃないときはだいたい立ってます。

そういうのもコミュニケーションを避けるようで
これが正しい答えじゃないだろーっとも思うんですけど、
日本で知らない人と会話するって、
なかなか難しいんだと思います。


全然別の話になってしまうんですけど、
この間母とデパートに行きまして、エレベーターに乗ったんです。
私たちが乗って、あとはおばさんがひとり乗っていました。
中で私がガムを出して、母と分けたんです。
そうしたら母が
「ガム食べていただいたら?」って。
私も、あの小さな密室で三人が一緒にいて、
私たちだけで食べるならおばさんにもあげようかなって一瞬頭をよぎったんですね。
母のその一言で「どうぞ」って渡したら、おばさんはびっくり!だけど、
すごく喜んで。(笑)
そういう小さなことなんですけど、
人ときちんと接するって大事だろうと思いますね。

ニューヨークはそういうことちゃんとできるっていうのが
やっぱり素晴らしいなと思います。
ファッションや音楽などでアメリカや黒人の文化に憧れるならば、
そういうところもきちんと影響うけてもいいんじゃないかなって。
ヒップホップやってギャングなブラックも、
ママの前では子供、みたいなのって普通にあるじゃないですか?(笑)
ママの言うこと聞くし、ちゃんとママに怒られるっていう。(笑)
日本はただ「粋がる」こと、ととらえる傾向があるように思います。
人に優しくするってことも影響されていったらば、もっといろんなことから変わってくるように思いますね〜。

| ルカ | 2008/04/21 6:58 PM |
東京の人って(自分も含め)心に余裕のない人が多いんじゃないでしょうか。私の通勤途中の頭の中といえば、“あれやらなきゃ”か“これやらなきゃ”か“眠い”のどれかです。心に余裕のない人って、周りに気づかなくなるんですよね。ちょっと話がそれるかも知れませんが、会社で上司に対して、“何でこんなことも気づかないのだろう(大人としてありえない)”と感じる(憤る)ことがよくありますが、おそらく上司は他の事で頭も心もいっぱいで本気で気づけないんだと思います。電車の中の人達も同じで、たとえ妊婦さんや子連れの方を見ても、“この人は大変なのかもしれない”と気づくまたは思いつく、心の余裕がないんでしょうね…自分のことでいっぱいいっぱいで他人にまで気をまわせない。私も人事ではありません。反省します…
| yumi | 2008/04/21 11:17 PM |
初めまして。
いつもブログを楽しみにしています。

私は東京で働いてますが、NYに少し住んでいたこともあるので
そのギャップはすごく良く分かります。

たぶん東京の人は働き過ぎで疲れてるんだと思います。
ひとりひとりに投げれる仕事が多過ぎて、正社員で働いてる人は
毎日22時過ぎまで仕事なんて今はけっこう普通だったりします。
うつ病予備軍が溢れてるぐらい(汗)

地方へ行けばそこまで酷くないんですが、
都心はみんな忙しく心の余裕が無いですね。
若い人がみんな疲れてしまっててちょっと可哀想です。

| ゆう | 2008/04/22 2:14 AM |
初めまして。
東京人が冷たいのは…睡眠時間もあるかもしれませんが、見知らぬ人に親切にするって事に慣れてないからでは?
他人と接する事に抵抗を感じたり、勇気がいる人も多いんじゃないかと思います。
「(自分以外の)誰かがやるだろう」といった他人任せな気持ちは少なからずあるかと。
一期一会って言葉があるのに、日本人は出会いを大事にしないのかもしれないですね。
| ゆうこ | 2008/04/22 2:36 AM |
 私自身は、できるかぎり、お年寄りや妊婦さんや赤ちゃん連れに席を譲ってるけれど(黙って席を立つだけですが。断る方もいるので)、正直、寝てて見過ごしてることは少なくないと思います。何しろ、5時起きの6時出発で、帰宅できるのは夜10時過ぎなんてざらなので、座ると自動的に眠ってしまうのです。でも、私みたいな長距離通勤・長時間労働(12〜13h)・睡眠不足って、珍しいことではないと思います。

 新宿駅って、乗り換えの階段を転落して亡くなる方が、年に10人弱もいるそうです。それくらいの混雑なんですよね。まさに命がけ。
 週に数回は、電車が「急病人のため」に止まりますけれど、その半数以上は、実は乗客同士のケンカだとも聞いたことがあります。
 それくらい、ラッシュアワーの電車って、ストレスのかかる場所なんですよね。それでもみんな、じっと我慢してるんです。大変なのは自分だけじゃないから。

 別に、東京の人に思いやりがないわけではないと思うんです。譲りたくても譲れないくらい疲れてたりするだけなんだと思うんです。働きすぎで突然死する人が珍しくないくらいですから。誰も意地悪しようなんて思ってないはずだと思うのですが、甘いでしょうか?
 もちろん、それが席を譲らないことを正当化する理由になるとは思わないのですが、大きなおなかを抱えていたり、子供を抱えていたりするのと同じように、本当にもう一歩も歩きたくないほど疲れていて、でもそれを誰かにいたわってもらうどころか、他人をいたわらなければならない立場で大変な思いをしている人が、席を譲れないからって、あんまり責めないであげて欲しいのです。私は、自分が同じ立場だったら、きっと立ち上がれないと思うから…。
| Coco | 2008/04/22 10:57 AM |
こんにちは
死生観でしょうか。自然にふれあえる機会が少なくなると、心理的余裕が少なくなり、空を見上げるこても忘れてしまうのかもしれません。
| すいか | 2008/04/22 12:31 PM |
私もNYには何度かいってますがすごくわかります。
でも東京にいてお年寄りや体の不自由な人とかに席を譲ろうとすると「結構!」みたいに強く言われた事が何度か
あったのでめげました・・・
なので東京は「譲ってくれない」っていうよりも「譲りにくい」環境もあるのかなぁ・・・と。思ってみたりもします。
海外などは比較的みなさん「ありがと!」って感じなんですけどもね。。なんなんでしょう、この差って。と私も思います。
| MIMI | 2008/04/22 8:36 PM |
@izumiちゃん
やっぱり「スキ」のない格好をするべきな時期もあるんじゃないかと。こっちの、そこまで崩れていていいのか? と思うときもあるじゃない(笑)。でも、決めるときは決めるのもニューヨーク流かもね。

スーツケースは絶対に運んでもらえない率高いみたいだよ。ちと哀しいね。きっとみな余裕がないんだろうね……。

@ルカさん
日本人は基本はシャイ、でもって席を譲られると「あたしは老人じゃない!」的感覚(そういう風に見られたことに対してのショックなど)が働くんでしょうね。難しいです。

黒人のママっこに関しては書きたいことがたくさんあるんですが(笑)はしょります。

いい意味でも悪い意味でも、日本に取り入れられるとファッションになる部分が多いからね。でもそこから何かを学ぶ人もいると思います。

@yumiさん
やっぱりみんな余裕がないんでしょうか? ないんでしょうね。すごく「ぎゅうぎゅう」な感じがしましたもの。そこがある意味日本、なんでしょうけれど。どこかでほっと一息、他人に促されるんじゃあくって、できればいいんでしょうけれどね(それが難しいんでしょうが)。
がんばってください。

@ゆうさん
コメントありがとうございます。

知らないうちにいろんなプレッシャーを受けている街だと思います。あたしも住んでいるときに、勝手にプレッシャーをいろんなところから受けていたし。流せるほど心に余裕がなかったし。

じゃあニューヨークは? となると、やっぱり同じような気もするけれど、自分である程度選択できる部分はあるような気がします。

若者、大変だ。

@ゆうこさん
こんにちは。
日本人って見知らぬ他人と「こんにちは〜」と、すぐ仲良くなれるタイプではないですよね? 誰かが盛り上げないといけないし。
そういう意味では、見知らぬ他人を助けるというのは、かなり難しいことなんでしょうね。

@Cocoさん
かなり胸に来るコメントでした。どうもありがとうございました。

あたしもラッシュ時間に仕事をしていたけれど、今考えると、無言で何事もなく(亡くなっている方もいるとのことですが)迅速に物事が運ばれているというのは、ある意味すごいことだと思います。

日本は、というか、東京はこのままどこへ行ってしまうんでしょうかね……。

@すいかちゃん
空を見上げることすら出来ないって、哀しいね。
人とのつきあいでどうにかなる場合もあるのに、そのコミュニケーションに問題もあるのかも。
スピリチャルな世界ですな。

@MIMIさん
95歳の祖母が半年ほど前に腰を痛めて、電車に乗ったときに席を譲られてショックを受けた、と言っていました。周りからみたら十分な老人なのに、本人的には違うというこのギャップ。
確かに譲りにくい、というのも多いにあるんだと思います。

海外の場合は、いただいた行為はいただく、という感じじゃないんですか? 日本の美学とはまた違うだろうし。

難しいですが、やっぱり郷には入れば郷に従うってことでしょうかね。でも譲ってくれってアナウンスしているんだし〜(アナウンスされているっていうのもどうかとも思いますが)。

気質の問題でしょう。
| akitsu | 2008/04/24 1:53 PM |
実は昨日一日、「なんでだろう?」って考えてたんですよね。やっぱり通勤時間の長さも問題だと思う。マンハッタンに住んでるときは、地下鉄で座るなんて、別にどうでも良かったんだけど、それがFort Leeに引越して、ウォールストリートまで通うのに、長距離バスに乗って、42丁目から地下鉄で、それも朝8時からの勤務だったから家を出るのは6時過ぎって生活をしていた時、やっぱり長距離バスの中では、席の譲り合いは余程の事が無い限り為されてなかったですもん。朝、バスに乗ると、まずは寝場所を確保。そこで30分以上の就寝が出来たから。で、引越した先のバンクーバー。こちらも、ダウンタウン内の狭い範囲では、席の譲り合いがあるけれど、ダウンタウンから、郊外に行くバスに乗ったら、やっぱり席の譲り合いは頻度がすごい減ります。やっぱり疲れてるんだろうな〜って思う。

でも、昼間のバス/電車で座る場所も無く混んでいるって言うのは、ホント、日本ですよね。出来るなら、もっとバス/電車の本数を増やす事で混み具合を調節出来ないものかなぁって思いますよね。ま、地下鉄線によっては、2,3分ごとに電車が来るにも関わらず異様な混み具合ですけどね〜。やっぱりあれは、『時間厳守』の体質から、混んでいても、無理矢理その電車に乗って始業時間に会社につかないとって精神から来るんでしょうね。

日本の会社ももっともっとフレックスタイム制を導入して、始業時間の遅れに対して、ルーズになれば(だって終業時間に関してはかなりルーズですよね。サービス残業とか...)朝の電車の混み、とかも緩和されて、人々の間に余裕も生まれるんじゃないかなぁ、と。

歯車って、余裕が無いと回らないんですよね。それと一緒で、日本の社会って、余裕が無い中で、無理矢理回してるって感じ。
| mika | 2008/04/24 11:47 PM |
@mikaさん
一日中考えて下さってどうもありがとうです。

確かに「忙しい」って余裕なくなりますよね。あたしも子育てしていて、自分のことでちょっとうまくいかないと(自分の時間が取れなかったりすると)、きりきりして獅子丸に当たりそうになりますもの。

日本人の時間厳守というのは素晴らしいです。もちろん、こちらの出来る人たちにとっては「当たり前」のことでも、多くの人にとっては「当たり前」じゃないことだと思うから。

フレックスタイムについてはかなり昔から言われていることだけど、全体的に見て、なかなかうまくいっていないのではないでしょうか? やっぱりどこかで引け目があるのかなあ。

そうは言いながら、引きこもりの若者が増えているとか、不思議ですよね。そういうところから、社会のほころびがでてきているのかも。
| akitsu | 2008/04/25 1:33 PM |
二年以上前の記事にレスをつけるのもいかがなものかとは思いますが、日本ではある程度以下の年代の人々は幼少の頃に他人と接してはいけないと教えられています。
知らない人と喋っちゃいけない、物をもらってはいけない、ついて行ってはいけない。

もう一つは上でも書かれていましたが、やはり農耕民族、島国の民族性で他人の目線が非常に重要です。
日本ではどれだけ優秀であろうとも、周囲を敵に回せばまともな成功はありえません。
故に何もかもがファッション的な意味合いを持っています。
日本では席に限らず譲ってもらう、人に何かしてもらうことに劣等感を感じ拒絶する人間が少なくありません。
自分はそんなんじゃない!ということでしょうか。

以上はかなり大きな要因だと思いますね。
| aki | 2010/12/11 3:51 PM |
こんにちは。
日本人は、握手文化じゃないので、
「笑顔」を意識することも少ないし、
元々あまり愛想のない民族である
人口密度も高いので、他人の目を意識せざるをえない。
人口密度の高い都市で
「東京」は世界上位にランクインしていた。

電車は、休んだり寝るところ
職場で行く抜くことが大切で家族愛や宗教愛は教えられていない
公共の場の他人はまったく関係のない人で考慮しなくてよい
| Jeniffer Japan | 2011/01/24 11:15 AM |

ちょっと聞いてよ押
こないだのオッサン、マジ半端ないんだけど。ヮラ
http://2l3bggf.x.ex-summer.net/2l3bggf/
| カナ | 2011/08/26 10:55 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://harlem124.jugem.jp/trackback/432
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/04/21 3:23 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/04/21 7:06 PM |