AX M病院ってところ<その参:Who's your baby daddy?> | ハーレム通信




◆◇◆ご訪問ありがとうございます。残念ながらこちらのブログは更新しておりません。
続きはニューヨーク、住んでみればこんなとこで、お楽しみ下さい。◆◇◆







CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
Map
海外*育児blogリング
海 外*育児blogリング
Back  Next
List
google
Amazon
MOBILE
qrcode
<< M病院ってところ<その弐> | main | 「我慢」の基準 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
M病院ってところ<その参:Who's your baby daddy?>
さあ、それでは病院シリーズ第参弾目です。
過去2回は、カテゴリーにある「アメリカ病院話」をクリックしてお読みください。

今日は、待合室のお話ざんす。

****

当たり前なんですが、待合い室にはテレビがある。
どんなに小さい場所でも、例え席が3つしか無くともテレビだけはあるこの病院。

コイツがうるさいのなんのって。

別にテレビなんてなくたっていいじゃん。
静かに待とうよ。
本なり雑誌なり読んで待とうよ。

と思っても、そうは問屋が卸さない。
なんてたって、時間が来ると看護婦さん自らスイッチを入れてくれるのだ。

いくらアメリカ人が少なくラテン系が多くとも、彼らだってアメリカ人同様(日本人もそうかもね〜)テレビと一緒に育っているので、とにかくテレビが付いていないと落ち着かないよう。

いやー、別にいいよ、テレビついていても。
内容さえ考えてくれればいいんだけれどね。

これは、ある日のお話。

この日はさすがにキレそうになった。
次回の予約なんてしなくていいから、今すぐ帰る! と思ったけれど、さすがにそれはまずいので、一応残ったけれど……

あー、いったい誰に文句をその場で言ったらいいのかわからなかったのが悔しい!

でも、病院を替えるときに言ったら「あら、そうだったかしら?」という感じで「そんなにも重要じゃないでしょ」的扱いをされ、神よ、病院を変わらせてくださって、どうもありがとう! と、大げさにも感謝しちゃったよ、はい。

何をそこまであたしをキレさせたのか?



ワーナーブラザースが持っているチャンネルがありましてですね、そこの朝というのか10時からmuaryつー番組があるんです。この中にWho's your baby daddy?という内容の日があってですね、それを流しているんですわ(テレビの内容については昔書いたのでコチラを読んでね)。

あのお、同じ待合室に、お父さんが誰だかわからないで妊娠している人ってやっぱりいるのかしらん?

で、11時からJerry Springerつーおっさんが司会の番組が始まるんだけれど、これがね、一度見たらというか、聞いたら忘れられないんです。

この番組の内容もくだらない。
カップルの痴話げんかをテレビを通じて流すんだけれど、Fワード入り交じり(でもボキャブラリーなし)でののしりあい。そのとき観客席から「ジェーリ、ジェーリ!」とかけ声がかかってね……これが忘れられないの(涙)。

この日はですね、大きな待合室にある二つのテレビから、このプログラムがかなりな音量で流され、逃げ場がありませんでした。
それも12時で「ああ、ジェリーが終わった」と思ったら、また12時からwho's your baby daddyの違うプログラムがやっているじゃーありませんかっ!

そ・れ・も、ご丁寧に午後1時からはジェリーの番組も!
なんと4時間ぶっ通しだ!!
すごいぞ!




おめぇらそんなに人の痴話げんかが見てぇんかっ!





見たいんでしょうねえ。

「きっと家にいてもいつも見ているから、気にしないんだよ」
と、友だちに言われたときは妙に納得。だって「人の不幸は密の味」って言いますからね〜(はあ、ため息でちゃうよ。オレは見たくねえっての)。


この日は血圧検査と体重測るのを待つのに1時間(アメリカでは看護婦さんが測ってくれる。日本のように個人ではやらない)。それから1時間待ってドクターにあって、さらに1時間待って看護婦にあって(言われた内容はまったく同じだったのに、どうして待たないといけなかったんだろう)、最後に予約をするのに1時間近く待ったという……


妊婦にストレスって大敵だったと思うんだけれど、こうも見事にストレスを毎回毎回かかったのって、珍しいよね(笑)。





人気blogランキングへ
クリック、ありがとうでつ。
| アメリカ病院話 | 07:33 | comments(6) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 07:33 | - | - |
コメント
アメリカの妊婦さん忍耐強い方ばかりなのでしょうか?シンガポール人なら文句ばかり言ってそうです。
| Kiasu | 2006/06/08 12:01 AM |
なんだかすごいお話でオノノイテしまいますねぇ。
私の場合は通院は近所の女医さんがやっていた小さなクリニックで、産む時だけ病院の施設を借りたかんじだったので、アットホームで非常に良かったです。
やっぱり場所や病院によって全く違う状況になるんですね。 でもこういう状況から”強い母ちゃん”ができあがっていくんでしょうか。(笑)
| south | 2006/06/08 1:39 AM |
@kiasuさん
どうやら「忍耐」に対する考え方が違うようです、はい。
| liberula | 2006/06/08 2:25 AM |
@southさん
やはりお金の問題がありまして(笑)。しっかり払っていればいい治療が受けられるんですけれど、ここはそういうところじゃなかったので。

>でもこういう状況から”強い母ちゃん”ができあがっていくんでしょうか。(笑)
そうともいえるし、ぶっきらぼうな人ができあがっていくとも言えるでしょう(笑)。
| liberula | 2006/06/08 2:28 AM |
お互い住む都市、場所は違えど、ストレスたまりますな。 昨晩私は、ゆーっくり湯船につかりましたですよ。 
| すまいる | 2006/06/08 5:23 AM |
@すまいるさん
確かに湯船につかるといいですよね〜。
最近はストレッチをたくさんするようにしています。
| liberula | 2006/06/09 11:20 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://harlem124.jugem.jp/trackback/78
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/24 9:32 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/21 6:22 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/22 6:05 PM |